NDD方式のまとめ~海外FXで採用される理由とトレーダーのメリット~

NDD方式の意味と採用のメリット

NDD方式の意味とメリット

国内FXで採用されているDD方式の解説では、
海外FXで採用されているNDD方式と比較しましたね。

ではこの「NDD方式」とは何ぞや、という問題です。
今回はこのNDD方式の意味やメリットについてまとめていきます!(`・ω・´)ゞ

【用語解説】NDD方式とは?

NDD方式とはの解説

CHECK
NDD方式 = ノン・ディーリング・デスク方式の略。
別名インターバンク直結型。
トレーダーの注文にFX会社が介入することなく、インターバンクにそのまま流される為、
取引の透明性が高いとされる注文方式。

まずはDD方式のおさらいをしましょう。
DD方式はトレーダーが出した注文に対してFX会社のディーラーが介入することで、インターバンクに注文を流す流さない(呑み行為)を決められていました。

NDD方式はその反対です。
インターバンクに直結して注文が通る為、呑み行為などの不正がなく取引の安全性は高いと考えられています。


DD方式

DD方式解説図

NDD方式

NDD方式解説図


公平性は一目瞭然ですね。
つまり、「DD方式はスプレッドを狭くする代わりに取引の透明性に欠け、NDD方式はスプレッドが広い代わりに取引の透明性は高い」と言えます。


メリットとデメリット

NDD方式のメリットとデメリット

ではここからは、NDD方式のメリット・デメリットをFX会社とトレーダーそれぞれの面から考えていきましょう。


海外FX会社側のメリット・デメリット

ほとんどの海外FX会社が、注文方式にNDD方式を採用しています。
そのメリットとデメリットは以下の通りです。

メリット
  • 顧客への信頼度が高くなる
  • 顧客の取引量を上げれば利益も上がる
デメリット
  • スプレッドが広くなる

顧客の注文を呑むことで会社の収益としているDD方式と違い、海外FXは取引手数料のスプレッドを広げることで収益とする形態を採っています。
その為、もし呑み行為や不正をしたとしても顧客離れからスプレッドによる収入がなくなるだけ。意味がないのです。

また手数料を収益としている為、顧客の取引量が増えれば収益も増えます
そして取引量を増やす為に行っている施策が「豪華なキャンペーンボーナス」になるわけです。


トレーダー側のメリット・デメリット

反対に僕たちトレーダー側がDD方式ではなく、NDD方式採用のFX会社で取引するメリット・デメリットはどうでしょう。

メリット
  • 指値通りの約定が可能
  • 約定拒否をされない
  • スキャルピングやEAの自動売買も可能
  • しっかりとしたトレード環境で取引できる安心感
デメリット
  • スプレッドが広い
  • 手数料が高い

先ほどと同様に、やはり取引の透明性に伴うメリットが多いですね。
キャンペーンボーナスやトレードツールなど、僕たち顧客にとっては嬉しい付録も受けられます。

このようにNDD方式であるというポイントだけでも、良いコトばかり(‘ω’)
ただNDD方式は更に2種類に分類することができ、海外FX会社の公式サイトではその2種類で表記されていることが多くあります。


ECN口座とSTP口座について

ECN口座とSTP口座について

これまでの解説から、いざNDD方式を採用している海外FX会社で口座開設しようとすると・・・

😵

STP口座?ECN口座???

となるでしょう。(笑)
NDD方式は「ECN方式」と「STP方式」に更に分類することができるからです。
実際に海外FX会社の公式サイトから口座タイプの解説を覗くと、どちらかが確認できます。

例えばTitanFXの場合

titanfxの口座タイプと注文方式

Titanでは2つの種類どちらも提供していることが分かりました。
ということで、それぞれの違いについてざっくり見ていきたいと思います。


ECN方式とは

ECN方式は、トレーダーの注文がブローカー(海外FX会社)を経由することなく、そのままインターバンク市場に流れるという仕組み。
そしてその注文はブローカーと金融機関の両方が得をするように、自動でマッチングされます。


ECN方式の解説図

またスプレッドだけで言うと、ECN方式はSTP方式よりもかなり狭いです。
ただしその分手数料は高くなっています。


STP方式とは

一方STP方式は、ブローカーが自動マッチングシステムを使って注文とカバー先(大手金融機関)をマッチングさせるという仕組み。
つまり注文の行き先をFX会社が操作できる可能性もあります。


STP方式の解説図

またスプレッドはECN方式よりも広いですが、手数料は無料です。

スプレッドや手数料だけでなく、ECN口座・STP口座それぞれに使い易いポイントがあります。自分のトレードに合ったものを選択しましょう!
ちなみにXM、LAND-FX、Axiory、TitanFX、FBSはどちらも用意されています。


まとめ【ヒロセ通商はDD方式不採用】

国内FXでもNDD方式採用のFX会社

はい、今回はNDD方式についてまとめてきました。
ECN方式」と「STP方式」に更に分類できるなど、意外とまだまだ奥が深そうです。

例えば、ここまで国内FXはDD方式海外FXはNDD方式という風に紹介してきました。
しかし実際は国内でもNDD方式採用のFX会社もあります。
食品キャンペーンでお馴染みのヒロセ通商
もちろん国内でNDD方式が規制されているわけではないので、会社ごとの方針に任されているわけです。

注文方式を含めた取引環境の内容は、僕たちトレーダーが選ぶ側ですから、その要望にFX会社が応えていると言えます。つまりスプレッドを重視するあまりDD方式では取引の透明性が曖昧になり、反対にNDD方式のように取引の透明性を重視するとスプレッドや手数料が高くなるという結果になったのです。国内と海外ではトレーダーの色がはっきりと異なるのが伺えますね。(笑)

では次は、今回軽く触れたECN方式とSTP方式についてより詳しく考察できればと思います。(/・ω・)/

NDD方式を細分化!「ECN方式」と「STP方式」を比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA